自動車 解体の際の一時抹消と永久抹消登録の違い

一時抹消登録と永久抹消登録

車が動かなくなった不動車や、使用しなくなった場合の廃車の際や、海外出張等でかなりの長期間にわたり、車を使用しなくなった場合でも一時的に抹消手続きをします。

登録抹消には、自動車 解体業者でスクラップにして、2度と使用できないように自動車を廃車する永久抹消(道路運送車両法第15条)と、長期の海外出張などの際に車の使用を一時的に停止する一時抹消(道路運送車両法第16条)の2種類があります。通常、よほどのことがない限り一時抹消となります。 抹消の種類によって、手続きの際に必要な書類が変わります。

一時抹消登録

車の使用を一時的に停止するための登録抹消です。一時抹消登録(16条抹消)しても再登録をすることで、再び車の使用が可能になります。車の使用を一時的に停止するには、陸運局での廃車手続きが必要で、廃車手続きを行うと「一時抹消登録証明書」をもらえます。再登録の際に必要となりますので、保管しておく必要があります。

一時抹消登録の際に用意するもの

陸運支局で用意するもの

※(一時抹消登録)16条抹消では抹消登録証明書が発行されますので保管する必要があります。

永久抹消登録

車を2度と使用できないように処分する場合が永久抹消登録です。永久抹消登録(15条抹消)は自動車 解体業者などで車を二度と使用できないようスクラップにして廃車・処分してもらった場合に、自動車 解体業者から「移動報告番号」が渡されます。「移動報告番号」は抹消手続きの際に利用しますので、保管しておく必要があります。

永久抹消登録の際に用意するもの

陸運支局で用意するもの

※(永久抹消登録)15条抹消では抹消登録証明書は発行されません。

北海道/青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島/茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京都/神奈川 /新潟/富山/石川/福井/山梨/長野/岐阜/静岡/愛知 /三重/滋賀/京都府/大阪府/兵庫/奈良/和歌山/鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知/福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄

Copyright (C) 廃車で損をしない業者の選び方. All rights reserved.

アクセスランキング

廃車買取りで損しない業者の選びかた

廃車のさいには無料の一括無料査定で高額売却先をみつけよう
車の売却・買取査定で20万円も査定額をUPさせる方法をあなたは知っていますか?

 >廃車買取りで損しない業者の選びかたTOP > 自動車 解体の関連項目

事故車の売却について