クルマの維持費

クルマの維持費って毎月どれくらいかかるか知っていますか?

よく、最近は若者のクルマ離れが進んでいると言われています。

「維持費が高いから車はちょっと持てない…」なんて言葉をよく聞くようになりました。

確かに、例えクルマを購入しても、 問題となるのは毎月の維持費。 では、実際のところ幾らくらいかかるものなんでしょうか? 

例えば、東京都八王子市に住んでいる人をモデルにしてみましょう。

駐車場代がだいたい1万円〜2万円。 週末だけ乗るとして毎月のガソリン代が6000円程度。 保険料は毎月1万円くらい。

つまり毎月の維持費は2万6000円〜3万6000円くらいです 月にだいたい3万円〜4万円の維持費が必要です・・・。

もう少し、都心の場合、駐車場代だけで、3万円〜5万円なんてことも・・・

クルマの維持費と税金

若者のクルマ離れはこの維持費の高さが原因のひとつと云われています。

確かにこの不景気の時期には厳しい出費ですよね。

しかも、上記の維持費には法定年数にしたがって定期的に車検の費用もかかります。
おおよそ2年で15万円ほど。
毎月として分等すると5,000円ほど。

さらに毎年、4月1日の時点での自動車の保有者に対して課される税金があります。
自動車税です。

税額は、自動車の種類(乗用車・トラック・軽自動車)、
用途(自家用・業務用)、排気量などにより決まっています。

例えば、一般的な2リットルの排気量のクルマの場合、
総排気量1.5リットル〜2リットル以下に該当するので39,500円が毎年かかります。

毎月均等して考えると、3,000円ほど。
クルマを買う場合は、中古車、新車に関わらず購入にかかる費用だけでなく、
実はこういった維持費も大きな負担になります。

 

一概には言えませんが、毎月5万〜7万円くらいは必要になる計算です。

若者のクルマ離れ

車は買った・・・でも、毎月の維持費が払えない・・・

それ以上に、携帯電話の方が大切だ!
携帯電話の代金が毎月2万円〜3万円。

クルマの維持費に毎月5万〜7万円もかっかたら、
クルマと携帯電話代だけで、7万〜10万円!?
若者のクルマ離れが進む理由がわかります・・・

実家に親と一緒に暮らしていたり、会社の格安独身寮に住んでいる人であれば、
毎月の費用負担はさほど気にならないかもしれませんが、
一人暮らしの人にはちょっとキツイ。

そんなクルマの維持費ですが、
年間では、60万円〜84万円程度。

それだけかかるのに、
もう乗っていないクルマや、
放置している車がありませんか?

ガソリン代はかからなくても、
あなたは毎年50万円〜80万円くらい、損しているかもしれません。

3ヶ月も乗らなかったら、
クルマのバッテリーは動きませんし、
もはやガレージの巨大なゴミです。

毎年、50万円〜80万円も損する前に、
サクッと中古車業者や、廃車業者に見積りしてもらうのが賢いと思います。

北海道/青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島/茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京都/神奈川 /新潟/富山/石川/福井/山梨/長野/岐阜/静岡/愛知 /三重/滋賀/京都府/大阪府/兵庫/奈良/和歌山/鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知/福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄

Copyright (C) 廃車で損をしない業者の選び方. All rights reserved.

アクセスランキング

廃車買取りで損しない業者の選びかた

廃車のさいには無料の一括無料査定で高額売却先をみつけよう
車の売却・買取査定で20万円も査定額をUPさせる方法をあなたは知っていますか?

 >廃車買取りで損しない業者の選びかたTOP  > 料金相場

事故車の売却について