廃車 手続きQ&A

ユーザー車検はどのようにするのですか

自動車のユーザーが車検を行う場合についての解説。

@.点検整備記録簿に基づいて、自動車の点検・記録簿の記入を行います。自分で出来ない場合は、近くの整備工場に依頼して下さい。(点検は、車検のあとでも可)

A.車検を受けたい支局・事務所へ、車検の予約を行います。

B.当日、下記のものを揃えて予約した支局・事務所の検査窓口へ行きます。自動車と 自動車検査証車検を受けるための自動車検査証「車検証」の事です。 納税証明書( 自動車税の納税証明書)です。自賠責の証明書(前もって加入しておきます)。手数料 :申請手数料 1100〜1500円、申請書類 約50円

C.ホイールカバー・スペアタイヤなどを外し、検査コースで検査を行います。

D.検査に合格したら、再度書類を窓口に提出し、新しい車検証と前面ガラスのステッカーが交付されます。ステッカーを貼り替えて終了です。

車検は、車検証の有効期間満了日の一ヶ月前から手続き可能ですので、早めに手続きを行うことが可能です。継続検査に限り、どこの支局・事務所でも受けられます。(例)品川ナンバーの自動車でも千葉で受けられます。ユーザー車検の予約は、翌日〜2週間後までの予約受付となります。検査に落ちた場合、不具合箇所を整備しなおして、再び検査を行う事となります。この場合、当日中であれば新たな手数料はかかりません。(ただし、16:00までに検査コースに入れる場合に限ります)
検査に落ちて、翌日以降に再度検査を受け直す場合、検査日を含めて15日以内であれば、不具合箇所のみの検査で済みます。(手数料は再度かかりますのでご注意ください。)

北海道/青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島/茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京都/神奈川 /新潟/富山/石川/福井/山梨/長野/岐阜/静岡/愛知 /三重/滋賀/京都府/大阪府/兵庫/奈良/和歌山/鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知/福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄

Copyright (C) 廃車で損をしない業者の選び方. All rights reserved.

アクセスランキング

廃車買取りで損しない業者の選びかた

廃車のさいには無料の一括無料査定で高額売却先をみつけよう
車の売却・買取査定で20万円も査定額をUPさせる方法をあなたは知っていますか?

 >廃車買取りで損しない業者の選びかたTOP > Q&A  > ユーザー車検はどのようにするのですか

事故車の売却について