廃車 手続きQ&A

自動車を盗まれた場合はどうすればよいですか

自動車を盗まれた場合、海外に密輸されたり、部品を盗られて捨てられたり、はたまた盗難ナンバーを付けて乗り回されたり盗難にあった場合、まずは警察への届出が最優先です。

その際に、届け出た警察署・日付・届出が受理された番号(受理番号)をメモしておいて下さい。手続き方法については、支局・各事務所の登録部門へご相談下さい。

なお、そのままにしておくと何らかのトラブルに巻き込まれる可能性がありますので、そのような場合の手続きの手順は、次のとおりです。

@.まず登録事項等証明書を入手します。
メモ: 車のナンバーを控えたメモ
身分証明書: 運転免許証・保険証など
手数料 :申請手数料 300円、申請書類 約30円

A.次に廃車の手続きを行います。
登録事項等証明書 @の手続きで入手したもの
印鑑証明書: 発行から3ヶ月以内のもの
印鑑: 印鑑証明書の印鑑(代理人申請の場合は、印鑑証明書の印鑑を押印した「委任状」と、代理人の印鑑)
理由書 :廃車の理由・発見時は車検証・ナンバープレートを返納するという内容を記入したもの届け出た警察署・日付・受理番号も記入する
手数料 :申請手数料 350円、申請書類 約50円

Aの書類は、所有者のものです。所有者の住所が変わっている場合は、同時に住所変更の手続きが必要となります。
Aの手続きにより「抹消登録証明書」が発行されます。自動車が発見され、再登録させる場合に必要となりますので、大切に保管しておいて下さい。尚、防犯上の観点から、身分証明書の提示がない場合は手続き出来ません。

北海道/青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島/茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京都/神奈川 /新潟/富山/石川/福井/山梨/長野/岐阜/静岡/愛知 /三重/滋賀/京都府/大阪府/兵庫/奈良/和歌山/鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知/福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄

Copyright (C) 廃車で損をしない業者の選び方. All rights reserved.

アクセスランキング

廃車買取りで損しない業者の選びかた

廃車のさいには無料の一括無料査定で高額売却先をみつけよう
車の売却・買取査定で20万円も査定額をUPさせる方法をあなたは知っていますか?

 >廃車買取りで損しない業者の選びかたTOP > Q&A  > 自動車を盗まれた場合はどうすればよいですか

事故車の売却について