自動車 解体の許認可

自動車フロン類回収業登録

自動車フロン類回収業を行うには登録が必要です。 自動車フロン類回収業(ディーラーや自動車整備工場の引取業や解体業などの兼業も含む)は事業所所在地管轄の都道府県知事または保健所設置市の市長の登録が必要です。使用済自動車からのフロン類の回収を業として行うには、事業者ごと自治体ごとに登録を受けていることが必要になり、また登録は5年毎に更新が必要です。

(1) 自動車フロン類回収業登録について
登録要件は、フロン回収破壊法に準じる、エアコンにフロン類が含まれているか否かを確認できる体制が必要です。
自動車リサイクル法の登録を受けると、自動車リサイクル法の対象自動車について廃棄物処理法の許可は不要になります。

(2) 自動車リサイクルシステムへの登録
自動車リサイクル法では、電子マニフェストで自動車の移動報告やエアバッグ・フロン類の回収料金支払い等の管理をします。この電子マニフェストを利用するためには自動車リサイクルシステムへの登録が事業許可とは別に必要です。

(3) 自動車フロン類回収業者の義務
平成17年1月1日以降、引取業者から使用済自動車の引取を求められたときは、正当な理由がある場合を除き、引き取らなくてはなりません。
使用済自動車の引き取りの際には、下記の通りとなります。

1.フロン類回収基準に従ってフロンガス類をボンベに回収し、再利用する場合を除いて自動車製造業者等の指定する指定引取場所に引き渡します。
2.フロン類を回収した使用済自動車は、解体業者へ引き渡します。
3.電子マニフェスト制度を利用して報告します。
※ 引取場所へ引き渡すときは、自動車製造業者等が定めるフロン類引取基準に適合しなければなりません。引取基準とは、
1.フロン類はCFCまたはHFCのいずれかでボンベに充填されていること。
2.高圧ガス保安法に基づく30リットル以下のボンベまたは1リットルボンベであること。)
3.引渡状が添付されていること。

※ フロン類回収業者の注意するポイント
自動車の所有者から使用済自動車の引き取ることがある場合は引取業登録を、部品の取り外しや自動車の解体をすることがある場合は解体業許可を合わせて取得する必要があります。

北海道/青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島/茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京都/神奈川 /新潟/富山/石川/福井/山梨/長野/岐阜/静岡/愛知 /三重/滋賀/京都府/大阪府/兵庫/奈良/和歌山/鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知/福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄

Copyright (C) 廃車で損をしない業者の選び方. All rights reserved.

アクセスランキング

廃車買取りで損しない業者の選びかた

廃車のさいには無料の一括無料査定で高額売却先をみつけよう
車の売却・買取査定で20万円も査定額をUPさせる方法をあなたは知っていますか?

 >廃車買取りで損しない業者の選びかたTOP > 許認可 > 自動車フロン類回収業登録

事故車の売却について