廃車するタイミングには気をつけろ!

廃車のタイミングは2つある

廃車をする時期については主に2つあります。
1つが車検の時期。そして2つ目が4月1日以前です。

車検の正式名称は自動車検査登録制度(じどうしゃけんさとうろくせいど)と言います。
自動車や排気量250cc超のバイクを含み保安基準に問題がないか国土交通省が検査を行う制度です。
通称、車検(しゃけん)と呼ばれています。

この車検の時には幾つか必要な書類がありますが、有効な自動車税納付証明書と自賠責保険(自動車損害賠償責任保険証)が必要になります。
車検の際には自動車損害賠償責任保険の更新と自動車重量税の納付を行います。

また車検とは別に自動車税は毎年4月1日時点での所有者に対して支払い義務が発生します。
自動車税の納期は基本的に5月中ですが、4月1日時点の所有者に対して毎年5月頃に都道府県から送付される納税通知書に従って金融機関で納めることになります。

そのため4月1日時点でクルマを所有していれば、4月1日以降、例えば4月2日に名義変更を行っても、4月1日時点の所有者に対して法律上の納税義務が発生します。このことから廃車をする場合や中古車を購入したり、車を下取りに出す場合には時期について注意が必要となります。

4月1日以降に廃車や下取り、などでクルマを手放しても、その年度の分の自動車税の納税義務は消滅しません。
一時抹消または永久抹消登録されない限り、4月1日時点でクルマの所有が、その年額全てを納付する必要があります。

トラブルになりやすいのが、この毎年3月近辺での自動車の処分

そのためトラブルになりやすいのが、この毎年3月近辺での自動車の処分の場合です。
3月にクルマを売買したのに、業者が一時抹消登録を忘れたり、または間に合わなかった場合、4月1日の時点で所有者登録が変更されていなければ、法律上は所有者に支払い義務があるからです。

なので、個人間の売買だけではなく、廃車業者や中古車業者と売買したケースでも、一時抹消または永久抹消登録をして廃車をした証明書を送付してもらうように注意してください。

万が一、この名義変更や抹消登録の手続きがされていない場合、自分では手放したと思っても翌年度以降も自動車税がずっと課税されることになるので特に注意が必要です。

ちなみに、この「自動車税」は1.5リッター超〜2.0リッター以下では毎年39,500円です。
2.0リッター超〜2.5リッター以下では45,000円です。

また抹消登録には主に3種類あります。
一時抹消、永久抹消、輸出抹消の3つとなります。

一時抹消とは、一時的にクルマの使用を中断するケースに行うことが一般的です。あくまで一時的なので新たに登録することで再使用することが可能です。

永久抹消とは、事故や年式の古いクルマを解体することで再使用しないことを前提として登録するものです。尚、自動車リサイクル法が施行されたことを受けてマニフェスト発行が完了していないと、この永久抹消登録は行うことができません。また車検の有効期間が残っていた場合、その残っていた期間の自動車重量税の還付を受ける事が可能です。

個人では馴染みのないのが、輸出抹消です。中古車を輸出する場合に行う特殊な登録です。基本的には日本国内で再登録することは出来ません。

いづれのケースでも、車検前に廃車をするか、または4月1日以前に廃車するのが安全です。
車検時期が4月1日前の3月なら、問題ありませんが、車検時期と自動車税の時期がズレている場合、どちらかを選択して廃車するのが良いでしょう。

Copyright (C) 廃車で損をしない業者の選び方. All rights reserved.

アクセスランキング

廃車買取りで損しない業者の選びかた

廃車のさいには無料の一括無料査定で高額売却先をみつけよう
車の売却・買取査定で20万円も査定額をUPさせる方法をあなたは知っていますか?

廃車買取りで損しない業者の選びかたTOP自動車 解体のための基礎知識 >廃車するタイミングには気をつけろ

事故車の売却について