自動車 解体や廃車手続きに関する関連項目

重量税

重量税は自動車の重量に対して課税される国税です。 車検の有効期間年数分を先払いすることになっており、新車購入時は3年分の自動車重量税を先に支払うことになります。

重量税の税率

自動車 解体や廃車手続きまたは車検の際に支払う重量税の表

量税はその名の通り、車両の重さにかかる税金です。500kg単位で区切られているので、例えば重量が 900kg という自動車の場合は、500kg以上〜1,000kg未満になるので、2年間で12,600円 × 2 = 25,200円を支払う必要があります。

車両重量とは自動車の乾燥重量を指し、定員人数を乗せた場合の総重量を指す、車両総重量の重さではありません。 尚、新車の場合は3年分を一括で支払う必要があります。500kg以上〜1,000kg未満の自動車の場合は12,600円×3 = 37,800円を重量税として納める事になります。

車検が1年ほど残っている乗用車の場合、自賠責保険を解約すると12300円が戻ってきます。 なお自賠責保険の有効期間が1ヶ月未満の場合、解約手続きをしてもお金は戻ってきません。また、有効期間を過ぎた場合には、自動的に解約終了となりますので、その場合は何らかの手続きをする必要はありません。

北海道/青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島/茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京都/神奈川 /新潟/富山/石川/福井/山梨/長野/岐阜/静岡/愛知 /三重/滋賀/京都府/大阪府/兵庫/奈良/和歌山/鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知/福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄

Copyright (C) 廃車で損をしない業者の選び方. All rights reserved.

廃車買取りで損しない業者の選びかた

廃車のさいには無料の一括無料査定で高額売却先をみつけよう
車の売却・買取査定で20万円も査定額をUPさせる方法をあなたは知っていますか?

 >廃車買取りで損しない業者の選びかたTOP > 関連項目 > 重量税

事故車の売却について