自動車 解体や廃車手続きに関する関連項目

自動車税

自動車税の管轄は各都道府県の自動車税事務所です。陸運局で一時抹消の手続きを行なった際に隣接する自動車税事務所で手続きします。

約1〜2ヵ月後に、ご自宅に換金通知書が送られてきますので、その換金通知書・認印・身分証明書(免許証等)をもって銀行・郵便局で換金します。

「自動車税」「重量税」「自賠責保険」は車検の残り期間の月割りで還付金がもらえます

自動車リサイクル法の施行によって、車検の残り期間に応じて重量税が還付されることになりました。この還付される項目について、きちんと教えてくれて、手続きの代行をしてくれる自動車 解体業者を選ぶことが重要です。

自動車 解体時の自動車税の一覧表

自動車税は毎年4月1日の時点で、そのお車の所有者に4月〜翌年3月までの1年分が請求されますが、陸運局で一時抹消の手続きをした段階で、その完了月から翌年3月までの還付金が戻ってきます。

※ 3月に車を廃車手続きした場合は還付金はありません。
※ 軽自動車は廃車しても自動車税の還付金はありません。

北海道/青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島/茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京都/神奈川 /新潟/富山/石川/福井/山梨/長野/岐阜/静岡/愛知 /三重/滋賀/京都府/大阪府/兵庫/奈良/和歌山/鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知/福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄

Copyright (C) 廃車で損をしない業者の選び方. All rights reserved.

廃車買取りで損しない業者の選びかた

廃車のさいには無料の一括無料査定で高額売却先をみつけよう
車の売却・買取査定で20万円も査定額をUPさせる方法をあなたは知っていますか?

 >廃車買取りで損しない業者の選びかたTOP > 関連項目 > 自動車税

事故車の売却について