廃車 買取りや自動車解体について

自動車 解体・廃車は良い業者選びから

廃車せざるを得ない事故車や、10万キロを超えた多走行のクルマを廃車を依頼する際に必要な準備や知識について解説。事故車売却はもちろん放置車両でも、最初の業者選択は非常に重要です。 愛車を廃車する際には少しでも高く買取または引取りをしてもらえて、かつ信頼できる自動車 解体会社を選ぶことが重要です。

廃車には、通常2種類の方法があります。

(1) 車を再度と利用できないように自動車 解体した後に永久抹消登録(16条)手続き。

(2) 自動車 解体しないで、一時的に廃車状態にするための一時抹消登録(15条)手続き。

廃車または解体する際には、上記のどちらかが必要。

[車の下取り]の場合

新車販売のディーラーや中古車販売店は車を売ることが専門のため、下取り価格は廃車買取り専門店の方が通常、高く買ってもらえます。 但し、廃車買取り専門店でも新車登録から10年以上、または走行距離を示すメーターが12万キロを超える場合は、車種やグレードの違いにもよるのですが、通常高く買取ってもらえることは あまり期待はできません。また重量税や自賠責保険の解約金についても買取価格に含まれてしまうケースがあるので注意が必要。 車検の有効期間が残っている際には、自動車 解体を行うことで戻ってくる各種法定費用について 料金の確認が必要。当サイトでも簡易的に料金表を掲載していますが、 自分で計算が面倒なときには廃車買取店に相談しながら確認しましょう。

[買取り専門店]の場合

中古車の買取り専門店は、日本全国で中古車として市場に流通させるために買い取るため、使用年数が初期登録から10年以上または、 走行距離が多いクルマは、メーカーや型番にもよりますが一般的に2万円〜3万円の廃車費用を請求されることがほとんどです。 買取り専門店は中古車として売れるかどうかで価値を決定するのに対し、自動車 解体会社はパーツや部品として価格を決めるからです。 また自動車税分はお客さんに戻したとしても、重量税・自賠責保険等は買取専門業者が取得してまうケースもあるため、事前に確認が必要。

[レッカー業者]の場合

事故・故障の際には、交通渋滞や様々な危険があるので、レッカーまたはJAFに加入しているときには、速やかに連絡して事故・故障車 を引き取ってもらいましょう。尚、クルマが自走できる状態で、自宅や賃貸の駐車場に停められるときには、廃車業者に連絡し、依頼した方が、 最終的に処分費用が安く済むことがあります。

新着記事

自動車 解体手続きの準備

1.車検(自動車検査証の略)の有効期間を確認。

車検証の「有効期間の満了日」を確認ください。有効期限が過ぎると公道では走行できません。 車の陸送を依頼するさいには、移動距離にもよるのですが15,000円前後。自動車 解体・廃車会社に陸送を合わせてお願いした方が安いケースが あるので、廃車買取店に相談してみましょう。

2.車検証の有効期間が過ぎている場合(自賠責保険の有効期間を確認)

自賠責保険の有効期間がまだ残っているかどうか確認をおこなうことが必要。 有効期間が残っているばあいには区・市役所で申請すれば、その日のうちに道路で運転可能。 仮ナンバーの申し込みの際に必要なものは (1)車検証 (2)自賠責保険 (3)免許証 (4)印鑑


自動車保険関連情報

今、ダイレクト系自動車保険で人気なのがアクサダレクトです。 所謂、通販型自動車保険なので、各地域に店舗や代理店が数多くあるわけではありません。 かつては東京海上保険など一部、大手の国内自動車保険だけが有名でしたが、 インターネットが発展して以来、逆、代理店型の従来の自動車保険の加入者数は減る一方です。

それもそのはずで、同じ補償内容であれば、圧倒的に通販型のダイレクト自動車保険のほうが断然、安いからです。 そんな通販型のダイレクト自動車保険の中でも特に人気なのがアクサダレクトです。 費用も、一般的な自動車保険に比べて年間で数万円は安いので、かなりお得です。 アクサダレクトの評判や口コミなどをもっと詳しく知りたい人はコチラのサイトが役に立つかも。⇒ アクサダイレクト

北海道/青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島/茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京都/神奈川 /新潟/富山/石川/福井/山梨/長野/岐阜/静岡/愛知 /三重/滋賀/京都府/大阪府/兵庫/奈良/和歌山/鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知/福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄

Copyright (C) 廃車で損をしない業者の選び方. All rights reserved.

アクセスランキング

PR

廃車買取りで損しない業者の選びかた

廃車のさいには無料の一括見積り査定で高額で買取りしてくれる売却先をみつけて得をしよう!
クルマの買取見積り査定で20万円も査定額をUPさせる方法をあなたは知っていますか?

廃車買取りで損しない業者の選びかた(TOP)

若き日の管理人がクルマを大破させた時の経験からのポイントをアドバイス
事故車の売却について